骨端線を復活させて身長を再び伸ばす方法がある?

骨端線が閉じると身長は止まると
されています。
ではその骨端線を復活させて再び
身長を伸ばしていくということは可能なのでしょうか?

骨端線は骨の端ある軟骨部分でこの部分が
17~18歳くらいで閉じてしまい、その後身長が
伸びなくなってしまうとされています。

この骨端線さえ、復活させることができれば
理論的にはまた身長を伸ばすことができると
いうことになりますよね。

何か方法はないのでしょうか?

現時点での根拠

この話はいろいろな怪しい噂が出ているかも
しれませんが、現代医学においては復活させる
ことはできません。

年齢がやってくると閉じてしまってそこで
終わりになるものなのです。
そうでないと、いつまで経っても身長が
伸び続けるということになりますし、
さすがにこんなことが起こらないのは
常識的に考えてわかります。

骨の問題の話なので、サプリメント等を
飲んでももうどうしようもないという話なのです。

20代で身長が伸びている人もいるけど
あれは何?と思うかもしれません。
そんな20代の人達は骨端線がまだ閉じて
いないのです。閉じてから復活しているわけでは
なくて、個人差があって閉じていないから
身長を伸ばすことができるということになります。

人によって骨の成長は異なるということで
閉じていない=成長が終わっていないと
いうことで20代以降でも身長を伸ばせると
いうことです。

この閉じる、閉じないということを今のところ
コントロールする方法はありません。

骨端線が閉じた後に身長を伸ばす方法は?

骨端線が閉じた後に身長を伸ばす方法として
骨自体は伸びるわけではありませんが姿勢矯正で
伸びていくということはあります。

ほとんどの人が体が完全にまっすぐではなく
猫背であったりO脚であったりと程度の差は
ありますが、曲がっているところがありますので
姿勢を矯正していけば数cm伸びてくれると
いうことは十分考えられます。

これはもう自分でストレッチをしたり、
整体に通ったりというような方法になりますね。
姿勢が悪いという人にとってはまだ
伸びるチャンスがあるということです。

高校生までの間にできることをやっておく

このように骨端線が閉じてからでは
もう姿勢矯正で伸ばすしかなく、大幅な
成長は望めないというのが現実です。
大人になってから伸ばそうとしても
もう遅いということになってしまいます。

ですのでできれば高校生のときまでに
身長が低いと思っている人は最大限
伸ばしておく努力をするべきなのです。

もし子どもがいて、身長が低いと
悩んでいるのであれば、早めに
対策をしてあげてください。

高校生までの身長を伸ばすサプリメントと
してはプラステンアップというものが
あります。
こうしたサプリを飲んで、健康な生活を
送り身長を伸ばす可能性を高めると
いうのも良いと考えます。

プラステンアップ 詳細はこちら


プラステンアップのTOP記事へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする