日本人男性の平均身長について考えてみる

日本人男性の平均身長というと何cmを思い浮かべますか?
身長というと大体170cmくらいかな?と思う人もいるかと思います。

また、最近の若い人の身長は高くなってきて180cm以上が当たり前にいる?というようなイメージを持っているかもしれません。

ここで、このような資料がまとめサイトで出回っていました。

身長180cm以上の日本人男性はわずか6.5%しかいないという情報です。

身長分布図を見て

この身長分布図を見ると、みんな身長が大きくなったなあと思っていてもそれは思い込みに過ぎないということがわかります。

身長180cm以上で僅か.6.5%、それどころか4割以上が170cm以下という身長になるわけです。

想像上の身長とずいぶん違いますよね。

これは男性だけの身長ですが、女性も含めとなると全体の身長はかなり低めに見えるということがわかると思います。

若者はみんな身長が高いなんてもう幻想にすぎないということですね。
今の若者とはいっても、実は1990年代が最高であり、そこから平均身長は下がってきていると言われています。

若い人だけに限ってもこの数値と変わることはなく、もはや20代も40~50代も今の世代は身長が変わっているわけではないようです。

身長が伸びなくなった原因は?

身長が伸びなくなった原因としては何があるのか。これが気になるところですが、平均身長が伸びなくなったというのは人種的な限界が近づいているというところがあるようです。

昔は栄養状態が明らかに足りなくて身長が伸びないということはありましたが、今では、一定レベルの栄養(完全ではない)ですが、満たさせることによって伸びるところまでは伸びたというところです。

そこから栄養状態が改善したということはなく、20年くらいは食料状態は特に変わっていないので身長は伸びなくなったということです。

また若者に関しては、夜更かしが多くなった、睡眠時間が少なくなったということも影響があると考えます。
昔は子どもは夜にはすぐ寝ていましたが、今はそうではない子どもがたくさんいますよね。
そういった普段の行動が身長を大きく伸ばせない原因となっている可能性はあります。

大人で身長が止まってしまっている人へ

今回の身長分布図を見ると、大人で身長が止まっていて低くて困っているという人も、実はそこまで低くないということがわかるのではないでしょうか。

大人になると、もう通常は身長は伸びていきません。整体等で数cm伸びることはありえますが、それが限界というものです。

大事なのは身長が低くても卑屈にならないことです。
どうしてもデメリットに感じるかもしれませんが、実はそこまで日本人全体が身長が高いわけではないということを理解して、自信を持って過ごすのが一番です。

子どもの身長アップについて

子どもについては成長期が終わるまで身長を伸ばしていくことが可能です。
このデータを見ると、黙っているからといって身長はひたすら大きくなるかというと、そんなことはないということがわかります。

特に普通の食生活をしていると限界があるということになりますね。

身長がもともと伸びていて問題がないのであれば、気にすることがありませんが、まわりより低くて、もう少し伸ばしていきたいというのであれば通常の食生活にプラスして身長を伸ばすサプリメントを飲んでみるというのもいいかもしれません。

身長を伸ばすサプリメントを飲んだから絶対に伸びるというようなものではありませんが、栄養がその分蓄えられることになりますので、身長を伸びやすい状況を作り出すことができます。

トップページでプラステンアップのサプリメントをはじめ、他のサプリメントについても紹介をしていますので、ぜひ見てみてください。

プラステンアップの口コミ・評価を考察した結果は?TOPページへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする