身長を伸ばすのに寝る前のスマホは危険

身長を伸ばすために必要な行動の一つが
「良質な睡眠」です。

よく食べよく眠るといった基本的な行動が
人の身長を伸ばしてくれます。

身長が伸びるのは寝ているときになりますので
睡眠の質が悪いとその分伸ばす機会を失って
いくということになります。

睡眠時間が少なくてもダメですし、
睡眠の質が悪くてもダメ。
寝ていればいいというものでもありません。

スマホが問題化しています

今の中学生・高校生に問題となっているのが
スマホです。
昔と違い中高生でもスマホを持つ人が増えて
います。家族割りが普及したり、格安SIMも普及したり、
とだんだんとスマホを持ちやすい世の中に
なってきています。

このスマホによって、夜に寝ないでいくらでも
遊べてしまうということがあります。

こっそりとスマホを見ていれば家族にも気づかれ
にくいですし、布団の中で見てしまえばだらだらと
起きていることができてしまいます。

スマホを見ていて睡眠時間が少なくなって
しまっては意味がありません。

ブルーライト問題も

スマホで気になるのがブルーライトの問題です。
ブルーライトを軽減するパソコン用メガネが
ヒットしたように、今やPC、タブレット、スマホ等からは
目にダメージを与えるブルーライトが出ていて
あちこちでブルーライトを浴びるように
なっています。

目を疲れやすくするということも問題ですが、
寝る前に見ていると脳が覚醒してしまうと
いう要素もあります。

これから寝るときだというのに、わざわざ
脳を覚醒させる行為をしているということに
なります。体内時計を狂わせてしまうのです。

その後眠ったとしても睡眠の質という面で見ると
質を悪くする行為をしていることになります。

寝る少し前にはPC作業等自体をしない方が
いいともされています。基本的に脳を覚醒させるような
行為は避けて少しずつ休息に向かっていくと
いうような流れがいいんです。

とにかく寝よう!

本当に身長を伸ばしていきたいのであれば
とにかく寝るということ、たくさん寝ているという
状態にしておきましょう。

夜更かしをしたり、夜遊びをするのは
身長を気にしなくなってからでも十分です。

身長を伸ばせる時期が終わってしまったら
もう伸ばすことはできません。

身長を伸ばすために栄養に気をつけて、
サプリメントを利用していくというのも
良いことですがそれだけではなく、
しっかりと眠ることについても意識して
頑張っていくようにいきましょう。


プラステンアップのTOP記事へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする